JA宮崎中央は、太平洋にそそぐ宮崎の代表河川大淀川の下流域に広がる宮崎平野をとりまく1市1町、県庁所在地で人口約40万の中核都市宮崎市と国富町を管轄しています。

Gaikyo

JA管内の概要

宮崎県内の管轄市町

JA宮崎中央は、太平洋にそそぐ宮崎の代表河川大淀川の下流域に広がる宮崎平野をとりまく1市1町、県庁所在地で人口約40万の中核都市宮崎市と国富町を管轄しています。

観光資源としては、鬼の洗濯岩と呼ばれる波状岩と真っ青な海原が広がる日南海岸が有名です。また、プロスポーツチームのキャンプ、冬の風物詩「大根やぐら」もよく知られています。

農業の状況

宮崎県産の野菜を販売している様子

宮崎県内のJAのほとんどは販売高の1位を畜産が占めていますが、JA宮崎中央は冬でも温暖な気候と日本一長い日照時間を活かした施設園芸が盛んで、1年間の販売額の55.6%を野菜が占めています。

施設作物はキュウリ、ピーマン、トマト、アールスメロンなどが主流。特にキュウリは県内一、全国でも有数の生産量を誇ります。生産者が収穫しながら直接箱詰めしていくワンタッチ方式や、共同選果でも表皮が傷つかないように空気圧でキュウリを箱詰めする機械を導入するなど、新鮮さを保ったまま出荷する工夫をしています。

せんぎり大根を干している様子

そのほか、全国消費量の6割を供給する「千切り大根」、リンゴのように表皮を剥き、上品な酸味の果肉と甘味のある白皮をいっしょに食べる珍しい柑橘「日向夏」、南国みやざきの果物のニューフェイスとして躍進中の「完熟マンゴー」「完熟きんかん」、関西の日本料亭からの信頼の厚い「黒皮カボチャ」、花卉類では「コチョウラン」「温室バラ」、日本一収穫の早い「超早場米コシヒカリ」など特産が盛りだくさん。

販売高の第2位は畜産。JA宮崎中央管内は、消費者に好まれる肉質の向上に血統の改良がどこよりも進んでおり、宮崎中央市場の子牛平均価格は全国のトップクラス。また、地元宮崎の豊かな環境の中育った優秀な牛は、将来おいしい「宮崎牛」として県内外に出荷されています。こうしてJA宮崎中央は、地域の特性を生かした「JAみやざき中央ブランド」づくりに力を入れています。